NFTプロジェクトの業界のべーンは?

2021年、ブロックチェーン技術の市場はとんでもないの一年でした。同年三月ビットコインは6万ドルの大台を超え過去最高値を更新した、暗号資産デジタル通貨の市場は盛り上がりにかけております。そして今年の注目するのはNFTです。




ブロックチェーンの知識にはわかりにくいあってはならず、そしてブロックチェーンプロジェクトは実用的な意味を持たない同種のトークンではない、最終的になにものこれない。ビットコインの暴騰やイーロン・マスクが推す暗号通貨「ドージコイン」と、ますます多くの一般人がブロックチェーンの市場に注目しています。NFTの登場はブロックチェーンが次の時代に入ることでしょうか。つまり、真の新価値や固有の価値と非代替性。

NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略で、データ管理にブロックチェーン技術を活用することで改ざんすることができない仕組みになっています。例えば、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、Flowなどの一般的なブロックチェーンは、それぞれ独自のトークン規格を持ち、NFTの仕様を定義している。

NFTは、無形デジタル資産また知的財産の取引で広く使用されています

NBAのスーパースターであるステフィン・カリーは、Bored Ape Yacht Club(BAYC)のNFTアートワークを55 ETHで購入しました。これは、約180,000ドルに相当します。そのあとプロフィール写真として設定されます。もちろんこのプロフィールイラストをコピーや使用することはできますが、実際の所有者はステフィン・カリーです。ちょっとおかしいですねこの話、あるアートワークの所有者は自分であり証明するため、こんな大金を使う。しかし、これは確かにNFTマニアの重要なポイントの一つです。

デジタルアートやカードは、ブロックチェーン技術によってNFTの固有の署名とその保有の権利を保証することができるため、デジタル所有権をオークションまたは取引することができます。




DragonBallChainにはカード、断片化、価値合成、およびオークションのチャネルの統合を実現した後に鋳造、流通、価値の保有、唯一のNFTプロジェクトになります。

普段のブロックチェーンプロジェクトと違う、DBCには、キャラクターカードはオークションで入札するできます、もちろん、ユーザー自分所有のカードを自由に出品も可能。これは、カードの作成者と所有者が任意のカードを収集または競売もできます。「あなたが持つものは、すべて唯一無二である」

NFTの普及する未来もう読めている、しかしリスクは普段の株式など主流化投資と比べて大きいかもしれません。デジタル通貨市場のリスクと収益は両立している。価格大幅な変動の可能性もあります。新しい分野には、その真の値をきめて前に、さまざまなサイクルを経る必要があるでしょう。



免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。
© 著作権 2009-2020 仮想通货ネットワーク      お問い合わせください   SiteMap