お問い合わせくださいSiteMap
ホーム 音楽 株式 技術チャンネル 生活コミュニティ リーグ・オブ・レジェンズ もっと

E中国の山東省の職人が手作りの虎のおもちゃを輝かします

03-24

布製のトラのおもちゃは、中国の伝統的な民芸品です。中国東部の山東省にある孔子の故郷である曲阜では、虎の文化が特に盛んです。

 

神話によると、孔子は虎と鷲に保護されたことがあります。そのため、地元では虎を模様にして布製のおもちゃを作り、魔除けや無病息災を願ったといいます。

 

「これらのおもちゃを絶妙な手工芸品に変身するために、全集中する必要があります。私たちは布の虎のおもちゃを芸術作品と見なしており、品質を下げるより販売する虎のおもちゃの量の削減を選択します」と、曲阜市息陬鎮一張曲村で布の虎のおもちゃを作るワークショップの責任者である牛成路氏は述べています。

 

「10歳のとき、周りに虎の靴を履いている子どもがどんどん少なくなっていることに気付きました。伝統的な工芸品がいつか絶滅するのではないかと心配になりました」と牛氏は言いました。

 

1998年に高校を卒業した後、牛氏は布製の虎のおもちゃの取引に従事しはじめました。全国でさまざまな布トラのおもちゃを徹底的に分析し、伝統工芸に拘る牛氏は12種類の布トラのおもちゃをデザインしました。

 

牛氏は「無形文化遺産を継承しながら革新を追求することが必要であり、これを通じて工芸が持続的に発展し、より生命力に満ちることができます」と話しました。

 

2009年、牛氏は故郷に戻り、村の仲間を誘って工房を立ち上げました。10年以上の歳月を経て、牛氏が立ち上げた布製の虎のおもちゃのブランドは、曲阜を管轄する済寧市の無形文化遺産に登録しました。さらに、70人以上の地元村民が近所での就職ということも保証しました。

 

76歳の王中金さんは、牛氏の工房で最も年長の民芸品作家です。彼は9年前からここで働いてきました。「針仕事は私の得意である分野です。針仕事によってお金を稼げるなんて最高です」と王さんは言いました。

 

年老いていくにつれて、王は以前ほど縫製が上手くないことに気付きました。今日、彼はおもちゃに綿球を詰める仕事に転換しています。綿球をおもちゃの各部分に精確的に詰め込むために必要な綿球の数を把握することが必要です。

 

「布の虎のおもちゃの一番の魅力は、原材料が純天然で、完全に手作りであることです。機械を使っておもちゃに綿を詰めれば、産量が4倍くらいになるが、手作りのおもちゃほど可愛いおもちゃは作れません。さらに機械を使用しすぎると、伝統的な工芸を受け継ぐことができないという恐れがあります」と牛氏は言いました。

 

現在、牛氏の工房では、1カ月間で2万点以上の布製玩具を生産することができるが、需要を満たすことはできません。機械を使って生産量を増やし、富を築くと牛氏に提言する人もいたが、牛氏と民俗芸術家は皆、それを拒否しました。

 

牛氏は、より多くの人を無形文化遺産に関する事業に参加させることが、伝統的な技術を前進させることに繋がると考えています。

免責事項

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。
© 著作権 2009-2020 仮想通货ネットワーク    お問い合わせください SiteMap