お問い合わせくださいSiteMap
ホーム 音楽 株式 技術チャンネル 生活コミュニティ リーグ・オブ・レジェンズ もっと

「世界の電力需要の伸びに対応し生産性向上」 明電舎・井上晃夫社長〈じっくりトーク〉

2024-07-07 HaiPress

今年で創業127年を迎える電気機器メーカー「明電舎」(品川区)。変圧器などの変電所向けの製品や発電システム、電子機器などを手がけ、納入先は電力会社、自治体、電鉄会社、自動車メーカーなど幅広い。就任から1年となる井上晃夫社長(59)は「世界的な電力需要の伸びに対応できるよう生産性の向上を目指す」と意気込む。(砂本紅年)

就任から1年を経て、経営状況について話す明電舎の井上晃夫社長=品川区で

◆データセンター新増設も追い風変電機器の受注増

2024年3月期連結決算は受注高、売上高、各種利益のいずれも過去最高となった。コロナ禍後の世界的な電力需要の高まりが背景にあり、国内外のデータセンターの新増設に伴う電力需要増も追い風となって、供給力増強のための送配電設備に必要な変電機器の受注が増えている。

特に人口増が顕著なインドは、一般家庭の電力消費増加などで再生可能エネルギー発電設備の導入が進んでおり、経済発展に伴って今後も継続的な需要が見込める。


米国などでは、温室効果ガスを出さない変電所向け真空遮断器の引き合いが強い。シンガポール、ドイツ、ベトナムでも事業は好調で、円安がさらに業績を押し上げている。


何より大きいのが基盤となる国内需要の拡大。今後、技術力のある人材活用を進めていく点でも重要だ。

急速な需要の伸びに対応するため、昨年から生産能力、生産性向上を急いでいる。国内は人手不足や設備の老朽化が課題。デジタルトランスフォーメーション(DX)で情報連携を進め、非生産的な時間をなるべく削減するよう努めている。

オフショット入社2年目から始めたゴルフが趣味。大学時代のラグビー部仲間とも楽しんでいます。

【関連記事】建設業のデジタル化どう進める?野原グループ・野原弘輔社長に聞く<じっくりトーク>


【関連記事】電力食い「データセンター」のために超高圧変電所まで出現Amazon、Google…「印西市」に次々建つ理由


免責事項

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。
© 著作権 2009-2020 仮想通货ネットワーク    お問い合わせください SiteMap